独立起業を宣言して会社を驚かせてしまった女性

平城寿
Pocket
LINEで送る

平城式2.0実践者のH.S.さん(30代女性)が、受講者限定のコミュニティーにて、会社を辞めて独立を決めたことを発表した。

H.S.さんは平城式を受講される前からの繋がりで、ファーストコンタクトは2014年5月12日。H.S.さんが@SOHOメルマガを読まれていて、Facebookで私にコンタクトを下さったのだ。

私が日々発信している内容が、H.S.さんにどれほど影響をしたのかはわからないが、会社に頼らずに生きていくことの魅力を伝えることができていたとすれば、これほど嬉しいことは無い。

H.S.さんの投稿:

「こんばんは。◯◯◯◯(肩書)のH.S.です。今日は、メンバーの皆様に、感謝の意を伝えに来ました。

本日、退職の意を、職場に伝えました。

この1年くらい退職したいとは思っていたものの、安定した職、大好きな仲間から離れるのは、不安でいっぱいで、踏み切れませんでした。

ですが、『平城式2.0』のメンバーさんで、脱サラされた方がいらっしゃること。それを乗り越えて、ご活躍なさっていること。

みなさんの投稿が、私の励みになっていること。優しくも、叱咤激励してくださること。

いろんな支えがあり、今日、やっと踏み切ることができました。

心臓が止まるかと思うくらい、バクバク高鳴っていました。

そして、みなさんがおっしゃって下さったように、引きとめにあいました。笑

時短で働かないか?

今の事務所がだめなら、他の2拠点で働かないか?

今のメンバーがだめなら、他の部門で資格を活かして働かないか?

どうしても、能力が必要です。

不覚にも、グラッっと揺れた私が居ます。

そして、メンバーさんに相談させていただきました。

もちろん、選んだのは、独立を後押ししてくださるであろう方々。

私は、安定した職よりも、自分の夢を取ります。

私の生きる道を、選ぼうと思います。

自分の発信が、誰かの役に立てるよう。

私は、◯◯◯◯に勤めているので、嫌というほど、会社設立なさる方を目の当たりにしてきました。

赤が続く会社も、消えていく会社も。

その反面、しっかりとビジネスを育てていらっしゃる会社もあります。

働きながら、自分が会社を持つなら、どんなものにしたいか。

会計を見つつ、ずっと、考えてきました。

毎日こなす仕事が、自分の独立への要素だと思って仕事に励んできました。

今日、退職の意を伝えた時に、「次に何をするか決まっていますか?」
そう、聞かれました。

「はい!来年、起業しようと思います!自分の力を社会に活用していきたいです。だから、今度は、顧客として戻ってこようと思います!」

◯◯◯◯の会社なのに、そういって退職する人は居なかったらしく。代表たちを驚かせてしまいました。笑

でも、そう言える自分が、ちょっと頼もしかったです。

なんだか、いつもながら、話が逸れてしまいましたが。会社で働くこともそうだけれど。

『平城式』に参加して知り合えた、信頼できるかけがえのない仲間。その存在が、今の私を支えてくれています。

平城さん、孔明さん、メンバーの皆様、この場を借りて、お礼を言わせてください。本当にありがとうございます!

退職後の1月以降は、もっと『平城式』を実践していきます。

◯◯門の私は、質問魔になると思います。

こんな私ですが、改めまして、どうぞ宜しくお願いいたします。」


そして、H.S.さんのこの投稿に対する
受講メンバーの皆さんからの言葉が実に熱かった。

N.S.さん:
「さて、やるしかありませんね!!

H.S.さんの返信:
「はい!ド「M」な私は、
とことん自分を追い込んで
行こうと思います!

N.S.先生、時間がガッツリと空くので、
ご指導のほど、
よろしくお願いいたします!!!!」

 

T.Nさん:
「自分も独立する時は不安でしたが、
独立して初めて
仕事が楽しいと思えました。

やらされてた感の仕事から、
自分で仕事をするのは思いが違いました。

今後の活躍楽しみにしてます(^^)/」

H.S.さんの返信:
「T.N.さん うわぁぁぁんですToT
やらされ感の仕事と
自分で行う仕事って、
仰るように、
思いがまったく異なりますよね。

◯◯◯◯◯◯の仕事も、
自分本位で進められるし
クライアントも選べる仕事。
しんどいこともあるけれど楽しいです。

活躍できるよう、
先輩に続けるよう、
頑張って行きますね!」

 

Y.S.さん:
「H.S.さん、
わたしの場合、
H.S.さんと逆ですが、
今日、職場から辞職勧告?されました。
(こちらの都合ではなく、
向こうの都合なのですが)

今の仕事は、実は、
できるだけ早く辞めたかったので、
辞めてほしい的なことを言われて、
スッキリ嬉しかった自分がいます。

さすがに、
ここまで晴れ晴れするとは
思いもよらなかったですが
…無職になるのに(^_^;)

お互い、自分の信じる道を
いきましょう!」

H.S.さんの返信:
「Y.S.さん
おぉ~同じタイミングだったのですね。
(とはいえ、私の中でのY.S.さんの存在は、
雲の上の高嶺の花のような印象です!
↑表現が変ですが、
それくらい高い所にいらっしゃる方です!)

タイミングよく
辞職勧告を受けるのが
スッキリ嬉しいという気持ち、
なんだか分かりますよ。

言いだしにくいことを
向こうから言ってくれると、
スッキリしますよね。

はい!自分の信じる道、
進んでいきましょうね!

最後になりましたが、
Y.S.さんからコメントをいただけて、
本当にうれしかったです!

ありがとうございます!」

 

I.T.さん:
「大きな大きな一歩を
踏み出したのですね!

後から考えれば小さいかも知れませんが、
行動に移す前は大きな一歩に感じますよね!
頑張って下さい!

そして、
今後とも宜しくお願いします♪」

H.S.さんの返信:
「I.T.さんありがとうございます!
いじめやパワハラという
マイナスがありつつも、
仲の良いメンバーも居て、
安定した収入があって……。

一般的には、
何冒険してるの?
って叱られそうです。笑

でも、私にとって大きな大きな一歩、
踏み出せました^^!

仰るように、
後で振り返ったら、
きっと些細な事なのに。

小心者です。笑

ありがとうございます!
頑張ります^^
こちらこそ、
よろしくお願いいたしますね♪」

 

N.S.さん:
「今までお疲れ様でした。

私は退社して
本当に良かったと思っています。

H.S.さんも、
きっと良かったと思えるはずです。

大変なこともあると思いますが、
ずっと応援していきますね!」

H.S.さんの返信:
「N.S.サマ!
ありがとうございます!

この仕事を10年後も
続けているとしたら、
私はきっと、
後悔すると思いました。

そして、
自分の人生を歩んでいきたいと。

もちろん、
今の私を作ってくれた会社には感謝です。

難関なポジションを確保して、
引きとめてくれた代表にも感謝です。

でも、進みます^^!

私もN.S.サマ応援していますよ~^^♪」

 

S.H.さん:
「H.S.さん
おめでとうございます!

起業をすることに向けて,
これまでの仕事も
活かすことになりますね!

私も辞めたくて,
臨時雇用にもかかわらず,
辞めると言いにくく,
迷いがあり,
引き留められました。

そしてやっと,
今年いっぱいで
辞めることに決まりました。

「安定した職よりも、
自分の夢を取ります。」

H.S.さんの言葉に
大きく何度もうなずきました。

ここで出会った皆さんに
支えられている,
本当にそうですよね!

これからもよろしくお願いします(*^^)」

H.S.さんの返信:
「S.H.さん
ありがとうございます!!!
はい^^これからの仕事を活用しつつ、
誰かのためになるような
仕事をしていきたいと思っています。

S.H.さんは、
会社にとって、
とても大切な存在なのですね。

仕事と安定と夢って、
比べられないし、
難しい選択ですよね。

だけど、
年内で辞められるということは、
来年から新たな世界が広がって行くのですね^^

来年は、
S.H.さんにお会い出来たら
いいなって思っていますよ。

私こそ、よろしくお願いいたします^^*」


さらに、

さらに、

立て続けに、『平城式Facebook2.0』を受講している仲間たちから、独立起業応援メッセージ投稿が・・・。

S.M.さん:
「頑張って下さい。

平城式を実践して
成功されることを期待しています。」

 

M.H.さん:
「新たな出発ですね。

おめでとうございます。

応援しています!!!!」

 

T.Y.さん:
「本当におめでとうございます。

文才があり、
なおかつ資格も一杯あるH.S.さんなら、
成功すると確信します。

応援しています!」

 

M.E.さん:
「最初はとても不安を感じます。

それは私もサラリーマンから
独立した当初思ったことです。

ですが、
自分の力を信じて
前に向かって進むと、
今度は楽しさがわかるようになります。

今後の活躍に期待しています。」

 

S.M.さん:
「そうですか。

僕は定年した今、
独立を考えています。笑

若いということは
何度でもやり直しが
出来るということです。

フレ~フレ~S.H.ちゃん」

 

K.M.さん:
「おめでとうございます!!

大きな一歩を踏み出したのですね!

H.S.さんの文章を読んでいて
創業当時を思い出し
ウキウキしてしまいました!

僕も負けずに頑張ります!!」

 

W.S.さん:
「おめでとうございます。

勇気のいる決断だったと思いますが、
この決断が次の大きな夢へのステップですね!

引き続き応援しています。」

 

I.M.さん:
「大きな決断をされたことに
敬意を表します。

人生はトレードオフの連続。

何かに挑戦すれば
何かを失うかもしれません。

人は不安があると失うものに
フォーカスしがちですが
前を向いて不安要素を
一つ一つ潰していけば自信もでてきます。

応援しています!!」

 

I.S.さん:
「本当におめでとうございます!

僕も、後に続けるように
頑張ります!

エネルギーを頂きまして
ありがとうございます!!」

 

M.A.さん:
「今までのレールから外れて、こ
れからはどこへでも
自分の好きな道を進めますね!

おめでとうございます!」

 

K.K.さん:
「おめでとうございます!

なんて素敵な退職でしょうか。

 

H.S.さんの
素敵な未来が見えるようです。

私もまたエネルギーをいただきました!」

 

D.A.さん:
「がんばってください(^^)
応援しています☆」

 

メンバーのチャレンジに対して、
これほどまでに応援の声がかけられるコミュニティー。

私はこの講座を通して、ただ単にお金を稼ぐといったことではなく、人としてどうあるべきか、
人生をどのように豊にしていくかについて、お伝えしているつもりだが、こういった光景を目の当たりにすると、自分がやってきたことは間違いではなかったな、とあらためて思う。

コメント

コメント

ネットでセルフブランディングするための集中講座

2013年にスタートした平城式Facebookは、『セルフブランディングをビジネスに結びつける教材』として、約450名の方が受講し、沢山の成幸者を生むことができました。

Facebookを起点としつつもブログ公式サイトメールマガジンも含めた総合的にインターネット上でビジネスを構築していくためのノウハウを伝える講座としては日本で唯一無二の存在と言えます。

詳細を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*